市民のための環境公開講座2018 認識から行動へ。学生から社会人までが参加する学びの場。

PART2 消費とごみの問題から環境を考える

募集中

9/25

石貨の島から見える日本と世界のゴミ問題

石貨で知られるミクロネシアのヤップ島は、自給自足型経済がいまだに可能な、豊かな自然環境を維持しています。しかしグローバル化に伴い、自然に分解されることのないプラスチックや家電ゴミなどが急速に増加し、処理する方法に苦悩しています。ヤップ島を起点に、日本や私たちの暮らしとのつながり、海や陸での世界のゴミ事情の一端を共有したいと思います。

高野 孝子 氏

北極からアマゾンまで、地球をめぐる

高野 孝子 早稲田大学教授・特定非営利活動法人 エコプラス代表理事