公益財団法人 損保ジャパン日本興亜環境財団
損保ジャパン日本興亜環境財団 CONTENTS コンテンツ
トップ
財団の活動
市民のための環境公開講座
CSOラーニング制度
環境保全プロジェクト助成
学術研究への助成
プロフィール
財団について
財務資料等について
連絡先/地図
CSOラーニング制度
募集 10周年記念シンポジウム
2017年度 CSOラーニング制度
 
TOP 募集要項
プログラム紹介
オンライン申込
FAQ

プログラム紹介

CSOでの活動プログラムの詳細は、各プログラム名をクリックしてください。
各プログラムとも募集人数は1〜2名です。

以下よりご希望のエリアをお選びください。

関東地区

団体:認定特定非営利活動法人 アサザ基金
プログラム:「かっぱん田プロジェクト企画・運営」
【活動内容】
★「かっぱん田プロジェクト」の企画、調整、運営
アサザプロジェクトは、環境や福祉、産業、教育などの従来の分野間の壁を越えた価値創造的な事業展開を霞ヶ浦流域で実現しています。これら事業の中でインターン生のみなさんには、地域との協働事業に対して企画段階から関わっていただきたいと考えています。
2010年度ラーニング生が、水質汚濁が問題となっている牛久沼の再生に取り組む地元の中学生の提案を受け、沼の水源地の耕作放棄地を田んぼに戻し、無農薬無化学肥料でお米づくりに取り組む「かっぱん田」、この田んぼを起点に価値創造的な循環型社会の構築を行います。
  • かっぱん田を起点とした社会システムの構築
  • 田んぼを通じたイベントの企画
  • 中学校での授業実施
  • 生きもの調査による効果検証・評価
  • 田んぼでの作業
  • 田んぼでとれたもち米を使った商品開発やブランディングなど
また本年度から、かっぱん田周辺の水源地谷津田での耕作放棄地再生の活動を本格的に取り組んでいきます。
毎年1月末には牛久市が主催する環境学習成果発表会「かっぱ大交流会」が開催され、牛久の子ども達とまちづくりについて話し合います。行政・NPO・学校が協働で行う、子どもたちによる本格的なまちづくりにも参加して頂きます。これらの経験からは農業や漁業、流通など一次、二次、三次産業に対する知識、価値創造による地域活性化など幅広い視野を持つことができると考えています。一つの田んぼから様々な社会の諸問題や要素、つながりが見えてきます。社会に対するもやもやを一緒に考えましょう!(上記と並行して)アサザ基金が展開する様々な事業の補助活動もあり。
団体:特定非営利活動法人 ECOPLUS(エコプラス)
プログラム:地域・行政・企業と連携する環境教育事業の企画運営
【活動内容】
  • エコプラスの活動に関する情報発信、特に若い世代への発信
    エコプラスの魅力をより効果的に伝える方法を、一緒に作り上げていきます。過去のインターン生が築いたフェースブックなどを活用した新しい情報発信をします。若いセンス、大歓迎です。
  • 子どもから高齢者までを対象とした各種体験活動のサポート
    首都圏や新潟県で実施する事業で、企画作りや現場でのサポートをしてもらいます。
  • イベントの運営支援
    地域に根ざした教育(Place-Based Education, PBE)の国際シンポジウムなどのイベントでの支援をしてもらいます。
団体:公益財団法人 オイスカ
プログラム:環境保全・農村開発・普及啓発インターン
【活動内容】
オイスカが国内外で展開している環境保全プロジェクト(「子供の森」計画や植林プロジェクト)や農村開発プロジェクトについて、支援者やその他一般の方への広報活動の補助を行ってもらい、学生の視点からの若い世代への啓発普及・連携活動についての提案・実践をしていただきます。希望者は期間中に海外の現地プロジェクトの短期インターン(旅費・現地滞在費等は自費)も組み入れ、帰国後は現地での経験を活かした啓発普及の展開など、現地と日本をつなぐ仕事をしていただきたいと考えています。
団体:特定非営利活動法人オーシャンファミリー海洋自然体験センター
プログラム:海辺の地域の子ども育成事業
【活動内容】
  • 海洋環境教育活動における指導補佐→本センターの主たる事業への理解。自らも体験し学ぶことで楽しさを共有し、それぞれの活動の目的や効果を考えます。同時に、コミュニケーション能力や安全管理能力を取得します。
  • 活動の企画や準備作業→様々な活動における企画立案や準備を通して、計画8割、実施2割の裏の作業を体験します。
  • 記録作業と報告書の作成→活動における継続的な理解とふり返り、評価のために、各プログラムの開発から指導者研修、実施まで一貫して記録を取ってまとめ作業を行っています。進行全体を体験し、客観的視点を学びます。
団体:認定特定非営利活動法人 環境エネルギー政策研究所
プログラム:環境エネルギー政策に関する実践的調査研究
【活動内容】
  • 地域主導型の再生可能エネルギー事業(コミュニティパワー事業)のための支援研究&仕組みづくりに参加し、地域自然エネルギー事業の実践について学ぶ
  • 地域エネルギー政策の制度研究に参加し、地域の自然エネルギー政策について学ぶ
  • 第4世代地域熱供給などのデンマークからの技術移転プログラムをはじめ、国際的な協同に参加し、最新のエネルギー技術、政策を学ぶ
  • 自然エネルギー白書や自然エネルギー世界白書、言論サイト「エナジーデモクラシー」の作成や翻訳に参加し、世界と日本の自然エネルギーの現状を学ぶ
  • 持続可能なエネルギー政策研究会運営に参加し、自然エネルギー政策を学ぶ
団体:認定特定非営利活動法人 環境文明21
プログラム:部会活動や政策提言活動など当会の多様な活動の体験とサポート
【活動内容】
主に下記業務の中から、いくつかを担っていただく予定です。
  • 部会活動やワークショップなどの準備や資料作成、さらに会議後の議事録作成など、事務局としての役割を行っていただきます。今年度はCOP21のパリ協定を受けて、脱炭素社会に向けての転換方策の検討を行う部会活動、さらに地域での脱炭素社会に向けた政策提言活動のサポートなどを期待しています。
  • 調査研究活動の成果を情報発信するための広報活動(会報誌、ホームページ)の一翼を担っていただきます。
  • 経営者環境力大賞事業に関わる事業を手伝っていただきます。
  • グリーン経済の普及啓発活動業務に事務局として参加していただきます。
団体:認定特定非営利活動法人 共存の森ネットワーク
プログラム:自ら考え行動する人へ 〜人と自然が共存する社会を目指して〜
【活動内容】
全国の高校生を対象にした「聞き書き甲子園」、小学校での森林環境教育を推進する「学校の森・子どもサミット」などの運営サポート業務とともに、農山漁村での“地域づくり”“森づくり”の活動に参加してもらいながら、学生ならではの視点を活かして、当NPOに必要なことを自ら考え、提案し、行動に移してもらいたいと思っています。
  • 各事業の事務局サポート(イベント運営補助、発送作業、データ入力、資料整理等)
  • 事務局スタッフと話し合いながら自分のやりたいことや得意分野を生かしたプロジェクトを推進してください。(昨年は、聞き書き甲子園高校生への定点アンケートや作品集の寄プロジェクト、イベントへのブース出展のサポートなどを行いました。)
団体:特定非営利活動法人 国際自然大学校
プログラム:子どもの自然体験活動における補助
【活動内容】
年間を通して行われる子ども向けキャンプ「子ども体験教室」や、夏休み、冬休み等に行われる宿泊キャンプにて、子どもの指導、キャンプ運営の補助、事務処理の補助をしてもらいます。
  • 子どもの指導では、子ども6〜8人くらいの班を担当し、一緒に遊んだり、生活面の指導をしたり、直接子どもと関わります。活動後には、親向けに活動の様子を報告するカードを作成してもらいます。
  • キャンプ運営の補助では、キャンプにおける備品の管理をしたり、班の活動を補助してもらいます。
団体:一般社団法人コンサベーション・インターナショナル・ジャパン(略称CIジャパン)
プログラム:環境保全インターン
【活動内容】
コンサベーション・インターナショナル・ジャパンは、国際NGOコンサベーション・インターナショナルのグローバルネットワークの一員として、「自然を守ることは、人間を守ること」をスローガンに、科学、パートナーシップ、そして世界各地での実践に基づき、自然とともに繁栄する持続可能な社会の実現を目指しています。主な活動内容は以下の通りです。
  • 気候変動や生物多様性などに関わる政策提言
  • 企業や政府とのパートナーシップによる、途上国の持続可能な開発への支援
  • 現地コミュニティへの支援
  • 自然資本管理を含めた企業のCSR戦略へのアドバイス
  • 生物多様性の保全と気候変動対策の相乗効果の実現(REDD+など)
  • 広報・普及啓発

インターン生への具体的な仕事内容は、ご本人の興味とスキルに応じ、ご相談の上決定しますが、1名は広報コミュニケーション、1名は自然資本に関わる業務を予定しています。
団体:ジャパン・フォー・サステナビリティ(JFS)
プログラム:日本から世界へ、環境とサステナビリティ情報を発信
【活動内容】
学生の視点による、日本の学生たちの環境活動の情報発信。月に1度の事務局便り(ボランティア向けメールニュース)の編集・発行。ウェブサイト掲載記事の作成。イベントの企画・運営。事務局補助業務など。JFSのミッションに沿った自主企画であれば、新規のイベント・プロジェクトの提案も歓迎します。(過去のインターン生の自主企画:日・英語の学生環境活動ページ創設、若い母親向けの環境イベント開催、国際会議のための英語プレゼンテーション講座開催、海外の学生との環境についての情報交換・交流ワークショップ開催など)英語力は問いません。
団体:認定特定非営利活動法人 JUON(樹恩) NETWORK
プログラム:第19期森林ボランティア青年リーダー養成講座in東京の企画・運営
【活動内容】
今年度で第19期を迎える「森林ボランティア青年リーダー養成講座in東京」の事務局として、企画、準備、実施、報告までの一連の運営。これまでの蓄積を活かして新たな講座の企画づくりを行い、広報をします。秋からは実際に全5回(宿泊あり)の講座を実施し、終了後報告をまとめます。これらは、前回までの講座卒業生と協力して行うことになります。
団体:特定非営利活動法人 樹木・環境ネットワーク協会
プログラム:里山保全活動と環境教育の運営
【活動内容】
一般や企業・団体向けの環境プログラムの企画・運営に事務局の一員として携わっていただきます。また、当協会で進めている里山ボランティア活動や普及啓発の観察会・体験プログラム等に参加し、SNSやブログなどの投稿を行っていただきます。
団体:特定非営利活動法人 新宿環境活動ネット
プログラム:新宿というフィールドで、多様なセクター(市民・NPO/NGO・企業・行政)の連携と協働による都市型環境教育(ESD)を体験しよう!
【活動内容】
<インターン生のみなさんにお願いしたいお仕事>
【1】小中学生向け環境教育(ESD)事業
  • 小学生を対象とした課外エコワークショップのサポート
    毎月第2土曜日にはこどもエコクラブ『こどもエコ広場新宿』、夏休み期間にはこどもエコ講座『エコにトライ』を企画・実施しています。これらのプログラムにおいて、ワークショップの運営補助やこどものサポート、ファシリテーションなど、準備から現場、片付け、ふりかえりまでの一連のフローを体験していただきます。
  • 「環境日記」「環境絵画」に関する業務、シンポジウムの企画
    区内の小・中学生を対象に、環境問題への関心を高め、啓発につなげることを目的として「環境日記」「環境絵画」を募集し、11月に表彰式と併せて『新宿こども環境シンポジウム』を開催しています。これらの事業に関する業務や、シンポジウムの開催に向けた企画などのサポートをしていただきます。 (参照:http://www.shinjuku-ecocenter.jp/
【2】新宿の環境学習応援団『まちの先生見本市!』事務局
地域(市民・NPO/NGO・企業・行政)と学校の連携と協働で、小・中学校における豊かな環境学習(ESD)の実現を目指して、「新宿の環境学習応援団」プロジェクトを推進しています。地域で活動する「まちの先生」と教育現場の「学校の先生」をつなぐキックオフイベントである『まちの先生見本市!』の事務局スタッフとして、様々なセクター(市民・NPO/NGO・企業・行政)とともに、本事業の企画・運営に携わっていただきます。
(参照:http://www.sean.jp/machisen/)
団体:WWFジャパン (公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン)
プログラム1:企業の温暖化対策に関する調査、イベント開催
【活動内容】
WWFジャパンは、野生生物の保護、森林や海洋保全、地球温暖化の防止といった分野で活動を展開しています。
今回は、気候変動(地球温暖化)・エネルギーグループとしての募集になります。
気候変動・エネルギープログラムでは、政策の提言、企業とのパートナーシップ、国連会議への参加、普及啓発などの活動を通じて、地球温暖化の進行をとめることを、世界中の同僚たちと一緒になって目指しています。
今回の募集では、上記活動の一環として、企業の温暖化対策の取組みの調査や資料作成、国内でのイベント開催のお手伝い等をお願いする形になります。
プログラム2:広報業務サポート
【活動内容】
WWFジャパンは、人類が自然と調和して生きられる未来を目指し、約100カ国以上で活動している環境保全団体です。

その活動内容や、自然環境・野生生物の保全へ向けた情報発信を行う広報業務のサポートをしてくださる方を募集します。

今回の募集で所属していただくのは広報担当の中でも「メディアチーム」で、チームの主な業務内容は、WWFウェブサイト上での記事執筆・発信や、メディア向けの情報発信・取材対応や露出管理、SNS(Facebook、Instagram、Twitter、Youtube)運用などです。

これらの業務では、より多くの方にメッセージを伝えるためにも、文章作成に加え、画像、動画などの選定や制作、またユニークな切り口や活用方法が鍵となります。

今回の募集では、上記の活動全般の補助をしてくださる方を募集します。自然や動物が好きな方、文章を書くこと、人に伝えることが好きな方、写真や動画の撮影や編集に興味がある方、メディアワークやWEB・SNS運用に関心のある方を募集します。また新企画を検討する上では、学生さんらしい、フレッシュな視点での提案も歓迎します。
団体:特定非営利活動法人 日本エコツーリズムセンター
プログラム:地域活性に取り組む事務局運営
【活動内容】
【事業運営に関する事務局運営】
①イベント運営・・・・研修会などの企画事業を準備から当日運営までお願いしたいと考えています。
②イベント企画・・・・インターン最後には「エコツアーカフェ」の企画をお願いする予定です。
③事務局業務・・・・・事務局運営に関するデスク上の作業(データ入力や議事録作成など)
団体:公益社団法人 日本環境教育フォーラム(JEEF)
プログラム:環境講座の運営や事業補助を通した環境教育スキルの育成
【活動内容】
<市民のための環境公開講座>
JEEF、損保ジャパン日本興亜環境財団、損保ジャパン日本興亜(株)共催の「市民のための環境公開講座」(http://www.sjnkef.org/kouza/)の受付、会場設営などの当日スタッフ(野外講座含む)の他、講座のレポートをブログで発信。また、全回終了後の次年度企画。
<通年の事業サポート>
一つの事業を選び、準備・実施・事後処理といったプロセス全てに関わる。JEEF職員がメンターとなってアドバイスを送り、最後にはインターン期間の学びを活かした「修了イベント」を企画・実施する。
団体:公益財団法人 日本自然保護協会(NACS-J)
プログラム:全国規模の自然保護プログラムの企画運営支援
【活動内容】
主に以下のプログラムの1,2つに参加いただきます。
  1. 全国の市民が参加する市民調査プログラムの広報戦略作りや、データ入力・成果発信、全国各地で開催する研修プログラムの運営補助
  2. イヌワシを指標とした大規模国有林管理プロジェクトにおける野外調査の補助や、一般参加イベントの企画運営補助
  3. 生物多様性関連の国際会議への日本からのユースメンバー参加支援事業の運営補助
  4. 企業や親子向け観察会プログラムの全国普及事業の企画運営補助
  5. 国際的に重要な場の保護運動(調査・メディア対応・議会ロビーイング活動)の支援業務
団体:公益財団法人 パブリックリソース財団
プログラム:寄付推進に関するNPO情報の収集と発信
【活動内容】
  1. オンライン寄付サイトGive One(ギブワン)集客や、寄付金額アップのための戦略づくり、そのためのデータ分析や情報収集
  2. 寄付先団体とのコミュニケーション
  3. 生物多様性保全に関する啓発活動の支援 など。

具体的な内容は、インターン生の興味とスキルに応じ、ご相談の上決定します。
団体:特定非営利活動法人 持続可能な開発のための教育推進会議
プログラム:未来をつくる教育(ESD)を考え、作り、広め、仲間を増やす活動
【活動内容】
学校を始め、地域や企業など全国で行われている「ESD=未来を変える人づくり」を取材し発信する仕事(情報発信)、ESDやSDGsに興味を持っている人をつないだり学び合ったりする場をつくる仕事(小事業の企画・実施)を手伝ってください。「人」と「学び」と「未来を考えること」が好きな学生さん、若いアイディアとチャレンジ精神を待っています! 「ESDって何?」「SDGsって大切だけどむずかしそう!」「そんなこと考えている人と話がしてみたい!」「私も何かしたいけど何から始めようか?」「SDの活動をしている全国の面白い人と出会いたい!」そんな思いを持っている人たちの背中をちょっと押してあげる活動です。

以下よりご希望のエリアをお選びください。

オンライン申込はこちらから
本年度の内容 トップへ
損保ジャパン日本興亜環境財団では、NGO(Non Governmental Organization:非政府組織)に替え、
CSO(Civil Society Organization:市民社会組織)を使用しております。
PAGE TOP
お問合せ
損保ジャパン日本興亜 損保ジャパン日本興亜美術財団 損保ジャパン日本興亜福祉財団